ハローキティ新幹線 ~500系×ハローキティ~

今回は、山陽新幹線で運行されている「ハローキティ新幹線」について取り上げます。

「ハローキティ新幹線」は、現在は主に「こだま」で運行されている500系のV2編成を改装したもので、2018年6月30日から運行されています。
運行される列車は、こだま842号(博多7時04分発)・こだま849号(新大阪11時37分発)と固定されています。ただし、月に2日ほど他の車両での運行となる日があるので、乗車の前に時刻表などでご確認ください。
500系V2編成「ハローキティ新幹線」新大阪駅で発車を待つ「ハローキティ新幹線」500系V2編成。

車体は、「ハローキティのリボンが地域を繋ぎ、地域の活性化に結び付く」というコンセプトでデザインされており、ピンク色のリボンと地域限定デザインのハローキティが描かれています。




「ハローキティ新幹線」で運行されるこだま849号に乗車。
乗車したのは6号車の指定席。500系の6号車は元グリーン車の座席がそのまま使用されており、非常に快適です(詳しくはこちらをご覧ください)。 乗降扉の内側にハローキティがいます。

客室とデッキの間の扉はハローキティのリボンで装飾されていました。

こだま849号は、こだま号なのでガラガラかと思いきや指定席の乗車率はかなり高く、驚きました。こだま号の指定席を利用する企画乗車券や旅行会社の商品が発売されているからでしょうかね・・・?

しばらく自席で大人しくし、空いたところで車内の見学へ。

乗降扉だけでなく、デッキと客室の間の扉のデッキ側やデッキの壁面には、ハローキティの装飾がなされています。

洗面台には、ハローキティをイメージしたピンク色の装飾がなされているところがありました。




2号車は、「KAWAII! ROOM(かわいいルーム)」となっています。ハローキティが好きな方はウキウキするのではないでしょうか・・・?

2号車「KAWAII! ROOM」の車内と座席。
座席周りや座席の枕カバー、床がかわいらしく装飾されています。
2号車「KAWAII! ROOM」は自由席なので、特に予約等は必要なく、乗車券と自由席特急券で乗車できます。

「KAWAII! ROOM」の博多方には、フォトスポットが設置されています。

ハローキティと並んで撮影できるようになっています。

フォトスポットの向かい側の荷物置き場。
「KAWAII! ROOM」の荷物置き場もハローキティ仕様です。

博多方先頭車の1号車は、「HELLO! PLAZA(売店)」となっています。1号車のデッキ。
「HELLO! PLAZA」であることが示されています。

「HELLO! PLAZA」内は、ハローキティ関連のグッズなどを販売する売店やフリースペースとなっています。
写真の右側は、車内販売のワゴンを活用した商品棚ですね。
なお、1号車は通常の「こだま」号だと自由席ですが、ハローキティ新幹線には通常の座席の設置はないので、注意が必要かもしれません。





東京方先頭車の8号車も見学してみます。8号車の東京方には、子供向けの運転台が設置されています。
実際に使われているハンドルが使われている本格的なものです。

横から見ると、こちらもハローキティ仕様になっています。

停車時間を利用してホームで撮影してみました。500系V2編成「ハローキティ新幹線」

先頭部のロゴマークとリボン。

最後になりましたが、「ハローキティ新幹線」は、様々なところが装飾されていて、大人一人での乗車でもかなり楽しめました。
”乗って楽しめる「ハローキティ新幹線」”、ぜひ乗車してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

おわり。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA