桃花台線廃線跡レポート(2023年12月)1 ~小牧駅周辺~

今回から、桃花台線(桃花台新交通)の廃線跡について順に紹介していきたいと思います。

桃花台線は、1991年3月に開業した新交通システムで、小牧駅と桃花台東駅(小牧市にある桃花台ニュータウン内)の間を結んでいましたが、2006年9月30日の運行を最後に廃止されました。2015年より廃線跡の撤去工事が少しずつ行われています。

今回も以前レポートした時と同様に、小牧駅から順に下っていきながら、レポートしたいと思います。




今回は小牧駅周辺について。
先回訪れた際のレポート昨年のレポートと比較しながらお読み頂ければと思います。
紹介するのは、一番はじめですが、行ったのは最後なので、想像以上に早く暗くなり、夜間の写真です。市道にかかる部分の高架橋の撤去は完了していました。

歩道橋の上から見てみましょう。ブレていますが・・・
写真の左側が名鉄小牧駅です。
歩道橋を昇って、小牧駅のほうをみると桃花台線の駅や高架橋が自然に目に入ってきましたが、すっかり撤去されてしまいました。

上の写真の反対側を見てみましょう。高架橋が撤去されたのは、市道の上と小牧駅の部分だけで、ループ線の部分はまだ残っていました。

桃花台線の撤去工事について知らせる看板。
まだ10か月ほど時間があり、今後はループ線自体の撤去も行われると思われます。

<おまけ>
小牧駅周辺は、イルミネーションがきれいでした。

桃花台線廃線跡レポート(2023年12月)2 ~小牧原駅周辺~へつづく。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA